Amazonサイバーマンデー開催中!12/9まで!

【2019年完全保存版】AdobeXDを使いやすくするプラグイン厳選12選【UI/UXデザイナー必見!】

AdobeCCに入ったことで、SketchやPhotoshopからワイヤーを作成する際にAdobeXDを使用するようになった方が増えてきているようですね。

筆者も少し前にXDを使い始めましたが、ものすごく軽くて使いやすいので周りにも布教活動をしているところです。

ぜひ使ったことがない方に試してみてほしいです。

さて、そんなAdobeXDですがプラグインを入れることで、さらに使いやすく、作業の効率化が出来ます。

そこで今回はAdobeXDで使えるオススメのプラグインをご紹介いたします。

ぜひインストールして使ってみてください。

コチラもオススメ
【無料】UIデザイナー必見!AdobeXD用のモバイルアプリワイヤーフレームテンプレート!

 

グラフがあっという間に作成出来る「VizziCharts」

実際の数値データをあっという間に視覚化、グラフ化してくれるプラグイン。


色調整・サイズ変更・図形の繰り返しなどがあっという間「Style Mate」

色の調整や、サイズの変更、図形の繰り返しなどが、専用のパネルからショートカットコードを入力するだけであっという間に出来るプラグイン。
ツールに慣れると普段の10倍ぐらいの速度でデザインが可能だと思います。
フォトショやイラレでショートカットを使うのと、使わないぐらいの差が出そう。


作ったデザインをあっという間にコーディング!?「Yotako」

作ったデザインデータを自動的にソースコードに変換してくれるプラグイン。


簡単に背景パターンが作れる「Confetti」

パターンの元となる図形を作成し、1クリックするだけであっという間に背景パターンが完成!
サイト全体の背景はもちろん、ボックスやメニューの背景にも合わせられ、デザインのアクセントになります。


数百万あるライブラリからアイコンが探せる「Icondrop」

数百万個あるライブラリからアイコンを検索し、アートボード上に挿入することが可能になるプラグイン。

デザインの指示書や情報があっという間に出来る「Zeplin」

デザインの指示書や情報が載ったスタイルガイドを自動生成してくれるプラグインです。
自身で指示書を作らなくても自動生成してくれるので、少し修正やコメントなどをいれるだけ!かなりの時短になります。
SketchやPhotoshopにも使用できるようです。

ダミーテキストや画像が簡単挿入できる「Airtable」

Airtableベースから生成された繰り返しテキストや画像などのコンテンツを挿入してくれるプラグイン。
自身でサンプルテキストや画像などを探さなくていいので時短になります。

レイヤー名を一括置換できる「Rename it」

選択したレイヤー名を一括で置換出来るプラグイン。
複数のレイヤーをいっきに変更したり、番号をふったりすることが可能。
後で整理がしやすいのでレイヤーがごちゃごちゃになりがちな人におすすめですね。

地図やチャート図の挿入ができる「Odin Chart」

地図やチャート、グラフ、テーブルなどの挿入が出来るプラグイン。

テキストレイヤーの調整に便利「Text Toolbox」

内容に合わせてテキスト領域の高さを調整したり、テキストの置換や大文字変換など、テキスト周りの調整が可能なプラグイン。

アバターがあっという間に作れる「UI Faces」

外国の方がメインになりますが、あらゆる種類のアバターが生成出来ます。
アバターを入れる部分のデザインをする際に、アテで顔写真が入っているとサイトの雰囲気が分かりやすく、このプラグインが活躍します。

アートボードの整列などが簡単!「Artboard Plus」

バラバラのアートボード自体を整列させたり、選択したオブジェクトの大きさにアートボードを合わせたり、並べ替えたりなどが簡単に出来ます。
Adobe MAX2018のセッションでもプラグインの1つとして紹介されたようです。

コチラもオススメ
【無料】UIデザイナー必見!AdobeXD用のモバイルアプリワイヤーフレームテンプレート!