2019年版イラストやスケッチにオススメ!使いやすいスタイラスペン/デジタルタッチペンランキング【スマホ・タブレットに最適】

iPad Proのようなお絵かきや動画制作などクリエイティブに特化したタブレットが増えてきています。

タブレットでお絵かきやデザインの下書きなどをする方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はオススメのスタイラスペン/タッチペンをご紹介します。

・タブレットデビューしたいけど、スタイラスペン/タッチペンってどれを選べばいいの・・・?
・指だと操作性は良いけれど細い線などが上手く描けない・・・。
・適当に買ったスタイラスペン/タッチペンの反応が悪い・・・。

という方はぜひ参考にしてみてください!

2019年版イラストやスケッチにオススメのスタイラスペン/タッチペンランキング

iPadを使うなら「ApplePencil」は必須!


Apple製品ということもあり、iPad Proを使う場合はApplePencilは必須といってもいいでしょう。
書きやすい、持ちやすい、ラグがないと完璧です。

iPad Proの筆圧感知スクリーンとApplePencilの連携がよく、細い線もグラデーションも思いのまま描くことができるので正直他のスタイラスペン/タッチペンよりも頭が一つ飛び抜けています。
初心者から玄人の方までどんな層の方にもオススメできるスタイラスペン/タッチペンです。

長所
アップル製品との連携がしやすい。
・書いている最中に指で画面を触っても反応しないので、ミスが減る。
字の強弱がつけやすい、ペンの滑りが抜群によく書きやすい。
・とにかくオシャレ。
短所
・クリップなどがないので持ち運びが不便。なくしやすい。

充電や接続に関しては他のペンもあまり変わりませんが、ApplePencilは他社製品と比べても体感良い気がします。

APPLE タッチペン Apple Pencil MK0C2J/A

軽くて書きやすい!録音も可能な「Neo Smartpen N2」


このペンはどちらかといえばスタイラスペン/タッチペンではなく、デジタルペン寄りなのですがアナログとデジタルの連携が便利で、紙に書いたものをデータとして保存する事が可能な使い勝手の良い製品です。
ラフ絵などのやり取りをするようなディレクターの方や、アナログで下絵を書いてデジタルで清書されるようなイラストレーターの方にオススメです。

また音声の録音も可能なので、客先でラフを取りつつ録音をして、あとで音声を聞きつつ実際にデザインに落とし込んだり・・・など作業効率はあがりそうです。

長所
・筆圧検知の使い勝手がよく、細かい部分まで書き込む事が可能。
連携もサクサク早いのでイライラしない。
・軽量なので使用していて疲れない。
・書き始めると自動的に電源がONになるので、いざという時でも連携漏れがない。
短所
・使用する際に一定の筆圧が必要。
・専用の用紙があった方が良いこと。

コスパ最高!安くて書きやすい「Mixoo Capacitive スタイラスペン」


ペン先がよくあるファイバー式とペン先に傷がつかないようにラバーコーティングしてあるディスク式の2種類あり、用途に寄って使い分けられるペンです。
絵を描いたり、メモをとったりする場合はディスク式、ゲームやブラウジングなどに使用する場合はファイバー式のような棲み分けでしょうか。

ディスク式はラバーコーディングしてあるため、傷がつきにくい上に、ラバーディスクが透明なのでペン先も見やすく使いやすくなっています。
値段は安いですがラグもなく良い商品です。スタイラスペン/タッチペンデビューには良いのではないでしょうか。

長所
・とにかく値段が安く、高機能。(1,000円前後)
・用途によって使い分けができる。
・傷がつきにくい。
・フィルムの上からでも反応する。
短所
・ファイバー式は筆圧が必要。
・キャップの取り外しが少し面倒。(スクリュー式のため)

持ち心地も使いやすさも抜群!最初に選ぶならコレ?「Adonit Dash3 スタイラスペン」


ApplePencilに近い書き心地です。ApplePencilが対応していないiPad Airなどでスタイラスペン/タッチペンを使ってクリエイティブなことをしたい!という方にオススメです。

ペン先は極細になっているので細かい部分も書けますし、筆圧を強めにすることで力強く書きたい部分も問題なし。
非常に評価も高く、人気の製品です。

やすいとは言えませんが手の届きやすい価格となっており、初めてスタイラスペン/タッチペンを持たれる方にとってはすごくいい製品です。

イラストだけではなくゲームにも有用に使えるそうです。(YouTubeで人気のツムツム配信の方オススメの製品らしい。)

長所
・反応がとても良い。
・バッテリーの駆動時間が長い。(45分充電して14時間駆動)
持ち心地書き心地抜群。軽いので持ち運びも楽々。
・ペアリングも簡単。ペンの上部を一度ノックするだけ。
・見た目の高級感。スマートでカッコいい。
短所
・充電用の磁石部分が強力なので、他の磁力をもったももにくっつく。
→充電時に不用意に外れたりしないのは利点ですが、、、笑